お金のことがすべてわかる金融マガジン

|Money Force|TFPGroup

【自分でお金を稼ぐ方法11選】個人で仕事を獲得する手段や必要なスキル、失敗しないためのコツも徹底解説

2024.07.16
【自分でお金を稼ぐ方法11選】個人で仕事を獲得する手段や必要なスキル、失敗しないためのコツも徹底解説

※この記事は商品プロモーションを含むことがあります。

「会社に属さず自分で稼ぎたい」
「もっと柔軟な働き方で生活していきたい」
「副業を始めてみたい」

厚生労働省のモデル就業規則に会社の許可なしでの副業を禁止する規定があったこともあり、長きに渡り多くの会社では社員の副業を禁止してきました。しかし、2018年に副業・兼業の促進に関するガイドラインが定められたことから副業を行う会社員も増えています。

働き方は多様化してきており、会社に頼らず自分で稼ぐことを希望する人も。しかし、自分で稼ぐ方法が分からないから、失敗したら怖いから、自分にできるかわからないから、と前に進めない人もいるでしょう。

そこで、自分で稼ぐことの重要性を踏まえながら、個人でできる仕事はどのようなものがあるか、失敗しないためのコツについてご紹介します。自分で稼ぐのにおすすめの仕事についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。


なお、Moneyforce(マネーフォース)が展開する「Moneyforce家計診断」では、将来のことを考えた家計管理の相談を、無料で何度でもご相談頂けます。

相談できる内容は、「今のお金の悩み」〜「将来の不安」の事までさまざま。例えば、以下のようなお悩みを「どこに相談すれば分からない。」などあれば、お気軽にご相談頂けます。

  • 「上手な貯金方法を知りたい。」
  • 「稼いだお金をしっかり管理したい」
  • 「せっかく年収が上がったのに貯金ができない…。」

また、Moneyforce家計診断」をご利用頂いた方には、期間限定で「ライフプランづくりの教科書」を無料配布しています。この機会にぜひご利用ください。

今ならライフプランづくりの教科書が無料で手に入る

目次

自分でお金を稼ぐ方法が重要視されている背景・原因

自分でお金を稼ぐ方法が重要視されている背景とは

近年、働き方は多様化しています。新型コロナウイルスの影響もあり、リモートやテレワークなど新たな形で働く人も増えました。

会社員という働き方にこだわらず、自分でお金を稼ぐ人も増加しています。そのため、どうすれば自分でお金を稼げるようになるのか、方法について知っておきたいという人も多いでしょう。

自分でお金を稼ぐ方法が重要視されている背景には、いくつかの要因が考えられます。

失業率がやや上昇傾向にある

自分で稼ぐ方法が重要視される要因として、まずは失業率が挙げられます。生活していく上で仕事をしてお金を稼ぐことは必要不可欠なことであり、お金がなければ日々の生活は成り立ちません。

しかし、厚生労働省の調査によると、近年は以下のように失業率に上昇傾向が見られるようです。

⚫完全失業率の推移を男女別・年齢階級別にみると、2018年までは男女ともにおおむね低下傾向にあったが、2020年には幅広い年齢層で完全失業率の上昇傾向がみられた。
⚫2021年は、完全失業率は男女計と女性では横ばい、男性はやや上昇した。

引用:厚生労働省「令和4年版 労働経済の分析-労働者の主体的なキャリア形成への支援を通じた労働移動の促進に向けた課題- 第2章 雇用・失業情勢の動向」

このように新型コロナウィルスの影響もあって、完全失業率が上昇しています。会社員だからといって必ずしも安定しているとは言えず、いつ誰が失業してもおかしくありません。

このような背景から会社に依存するのではなく、自分で稼ぐ方法を身に付けようという意識が高まっているのでしょう。

賃金は横ばいなのに物価は上昇している

厚生労働省の統計によると2020年の平均賃金は30万7,700円で、2021年は30万7,400円とほぼ横ばいでした。(参照:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査 結果の概況」)しかし、物価は約4%も上昇しています。

総合指数は2020年を100として104.7
前年同月比は4.3%の上昇

引用:総務省「2020年基準 消費者物価指数 全国 2023年(令和5年)1月分(2023年2月24日公表)」

食料品の値上げなどニュースで取り上げられることもあり、実生活を通して物価の上昇を感じている人も多いのではないでしょうか。支出が増えても収入が増えない状況では、家計が苦しくなるのは無理もありません。

国も企業に対し賃金の値上げを推進していますが、いつ上がるのか、本当に上がるのかは未だ不透明です。だからこそ、自分で稼ぐ方法を身につけ、不足分を補う必要があります。

厚生労働省は副業を促進している

自分で稼ぐ方法を身につけたいと考えている人が増えたのは、厚生労働省が副業を推進していることも影響しています。かつて厚生労働省が発表していたモデル就業規則には、副業をするには会社の許可が必要との項目が設けられていました。

その後、2018年に副業・兼業の促進に関するガイドラインが発表され、現在は副業禁止の項目は削除。現在では以下のように普及促進を図っています。

厚生労働省では、「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日 働き方改革実現会議決定) を踏まえ、副業・兼業の普及促進を図っています。

引用:厚生労働省「副業・兼業」

このように長きにわたり副業が禁止される傾向にあった日本でも、多様な働き方が認められつつあります。さらに、働き方改革により残業が減ったことで収入も減少した人もいるでしょう。

減少した収入の穴埋めとして、自分で稼ぐ方法に注目が集まったとも考えられます。

終身雇用制度の見直しが注目されている

昭和の時代では当たり前だった終身雇用制度。末永く落ち着いて働けるという従業員を守るための制度ですが、人材が流動しやすい現代では、終身雇用制度自体の見直しが迫られています。

テレワークやインターネットを利用した新しいビジネススタイルや働き方生まれ、企業は経済変動に対応するため、従来の雇用形態を柔軟にし始めました。これにより、個人が自らのスキルや能力を活かして稼ぐ重要性が増しています。

副業を認める企業や、ネットで複数の仕事をかけ持つフリーランサーも誕生し、自己成長と経済的安定を両立させる手段として注目される時代です。この流れに乗るためには、自己投資やネットワーキングの強化が求められます。

社会情勢の変化によって倒産件数が増えていた

東京商工リサーチによると、2023年の全国企業倒産件数は8,690件で前年比35.18%増加、2024年には1万件を超える可能性もあると伝えています。

引用:東京商工リサーチ「全国企業倒産状況

長引く円安の中、建設業では人手不足や資材価格の高騰、製造業では円安による原材料やエネルギーのコストアップの影響が大きく、またゼロゼロ融資利用後の倒産も増加しているようです。これらの要因が企業経営に大きな影響を与えています。

【自分でお金を稼ぎたい人必見】稼げるスキルが身につくおすすめの仕事11選

自分でお金を稼ぎたい人におすすめの方法を5つ紹介

これからの時代、いつ誰に何が起こるか分かりません。新型コロナウィルスのような不測の事態でこれまでの生活が一変してしまうことも考えられるのです。

生きていくために必要不可欠であるお金を自分で稼ぐ方法を身につけておくことは、今後大きな武器になるでしょう。しかし、どうすれば自分でお金を稼げるようになるのか分からず、悩んでいる人も多いはずです。

そんな人は、以下の方法を参考にしてください。

稼げるスキルが身につくおすすめの仕事11選

  • エンジニア
  • Webライティング
  • Webディレクション
  • Webマーケター
  • Webデザイナー
  • アフィリエイター
  • 動画編集
  • 投資
  • 翻訳
  • オンライン講座
  • 物販

それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

自分で稼ぐ方法①:エンジニア

技術者の意味を持つエンジニアは、職種や仕事内容が幅広いのが特徴です。なかでも近年は目まぐるしいほどIT技術が発展しており、IT技術に関連したエンジニアの需要が高まっています。

経済産業省によると、需要が約2.7%・労働生産性が0.7%伸びるとした場合2030年には45万人の人材が不足する計算に。(出典:経済産業省「IT人材需給に関する調査(概要)」)システムエンジニアやプログラマーなど専門的な技術や能力、知識が必要ですが、IT技術による製品やサービスには欠かせません。

パソコンとインターネット環境があれば仕事ができ、未経験者でもスキルの習得が可能なため、自分で稼ぎたい人に最適です。経験がない場合すぐに自分で稼ぐことは困難ですが、需要も高く単価も良いため挑戦してみる価値はあるでしょう。

自分で稼ぐ方法②:Webライティング

自分で稼ぐ方法のなかでも、Webライターは誰にでも気軽に始めやすい仕事です。誰もがよく目にするWeb上にあるコンテンツの文章を書くのが仕事で、さまざまなジャンルに需要があります。

近年はWeb分野に進出する企業が増えていることから、仕事を受注しやすいのも特徴の1つ。エンジニアと同様にパソコンとインターネット環境があれば仕事ができるので、ライフスタイルに合わせて働けます。

ただし、始める際のハードルが低い分、最初はなかなか稼げない可能性も。単価が低い案件でも丁寧にこなし、スキルを身につけていくことが稼げるようになる近道です。

自分で稼ぐ方法③:Webディレクション

Webディレクションは、Webサイトの制作・運営を統括する仕事です。Webデザイナーやコーディング担当者、エンジニア、ライターなど、Web制作に関わるスタッフたちをまとめ上げ、全体を管理します。

どの企業も集客や認知度アップのため、ホームページ開設・運営は重視しており、Webディレクションができる人間は求められています。Web制作を統括する立場として、プロジェクト管理、コミュニケーション能力、デザインやSEOの知識も必要です。

十分な実績を持っていれば、開発の統括として高い報酬も期待できます。

自分で稼ぐ方法④:Webマーケター

Webマーケターは、オンライン広告やSEO、SNSを駆使して企業のプロモーションを行う仕事です。必要なスキルには、データ分析、マーケティング戦略の立案、コンテンツ制作、SNS運用などが含まれます。簡単にいえば「企業のサービスが売れるための企画立案をする仕事」です。

Webマーケターは、まずは最新のマーケティングトレンドに敏感であることが条件。どの商品・どんなサービスが、どのターゲット層に人気が高いのか、季節限定で売るべきなのかなどを分析し、企業の利益になる具体的な提案が求められます。

自分で稼ぐ方法⑤:Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトやアプリのデザインを行う仕事です。デザイン力だけでなく、PhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトの操作が必須。その時代に合わせたデザインも磨く必要があります。

また、HTML/CSSの基本知識、ユーザーエクスペリエンス(UX)を理解し、自分でコーディングできるようになれば受注できる仕事は倍増です。

自分で稼ぐ方法⑥:アフィリエイター

Webライターと同様に、気軽に始めやすいのがアフィリエイターです。成功報酬型の仕事で、商品を紹介することで購入実績に繋がった場合に広告収入が得られます。

ブログやSNSなどを使って商品を紹介し収益化するため、初期費用はほとんどかかりません。また、パソコンとインターネット環境さえあれば始められるので、参入のハードルが低いのが特徴です

ただし、成果報酬のWebライターとは違い、アフィリエイターは商品が売れなければ報酬が発生しません。稼げるようになるまで最低でも3ヶ月程度はかかってしまうため、その点は頭に入れておく必要があります。

自分で稼ぐ方法⑦:動画編集

動画編集の仕事も自分で稼ぐ方法の1つです。近年はYouTuberとして活動する人も増え、需要が高いことから人気も高まってきています。

資格や学歴も必要なく、自宅で1人で作業できるのが特徴です。編集スキルが上がれば高単価の依頼も受注できるので、ポートフォリオを通じてアピールしていきましょう。

動画編集というと難しいイメージを持つかもしれませんが、最近は編集ツールの進化により誰でも簡単にできるようになっています。

自分で稼ぐ方法⑧:投資

不労所得として自分で稼ぎたいなら、投資も視野に入れて検討してみましょう。代表的な株式投資以外にもFXや仮想通貨などさまざまな種類があり、自分に合ったものを見つけて始めることが可能です

知識を身に付けていくことで大きな利益が得られる可能性を秘めています。また、他者にほとんど依存せずに稼げるため、対人関係などコミニケーション能力も必要ありません。

ただし、投資にはリスクも伴います。資産が減ってしまう可能性もあるため、よく考えて行ってください。

自分で稼ぐ方法⑨:翻訳

翻訳は、文書や音声を他の言語に変換する仕事です。翻訳する内容に応じて、高い語学力、専門知識、文化的理解が求められます。

さまざまな言語があり、翻訳するものも物語・説明書・契約書など翻訳の種類も豊富です。中でも英語・中国語は高いニーズがあり、仕事もたくさんあります。ビジネスレベルの翻訳ができれば多くのチャンスが巡ってくることでしょう。

また、特定の分野に特化し、高い専門性の翻訳に対応できると高単価の仕事を受注しやすくなります。その分野に関連する資格取得も信頼性向上に役立ちます。

自分で稼ぐ方法⑩:オンライン講座

オンライン講座は、自分の知識やスキルを動画で発信する仕事です。必要なスキルとして、専門知識はもちろん、人に伝えるためのプレゼンテーション能力、動画編集技術が含まれます。

収益は、アップした動画を顧客が視聴することで増え、動画の種類を増やすことで事業資産を拡大可能です。オンライン講座は過去に制作したものも売れるため、内容次第では長期的な収益が期待できます。

この仕事で稼ぐためには、まず魅力的なコンテンツを作るための企画力です。マーケティングを通じて広く受講者を集めることが重要。また、受講者のフィードバックを活用してコンテンツを改善し続けることも成功の鍵です。

自分で稼ぐ方法⑪:物販

物販、特にせどりは、商品を安く仕入れて高く売る仕事です。インターネット店舗のほかにも、フリマアプリを活用して店舗を持たずに簡単に販売できる時代となり、主婦のお小遣い稼ぎからサラリーマンの副業、本業として活躍している人もいます。

この仕事で稼ぐためには、売れる商品の見極めや適切なタイミングと価格設定が重要です。魅力的な商品写真を撮影・加工するスキルや、買いたいと思わせる商品紹介文を執筆する能力も必要です。さらに、在庫管理や発送手続きも含めた総合的な運営スキルが求められます。成功するためには、リサーチと実践を重ね、効率的な仕入れ先を確保することが大切です。

自分でお金を稼ぐ方法・スキルを身につけるメリット

自分で稼ぐためのスキルを身につけると、以下のようなメリットがあります。

  • 景気や社会情勢に柔軟に対応できる
  • 収入が上がる
  • キャリアの選択肢が増える
  • 心に余裕ができる

景気や社会情勢に柔軟に対応できる

自分でお金を稼ぐスキルを身につけることは、景気や社会情勢の変化に柔軟に対応できる大きなメリットがあります。例えば、従業員として会社に雇われる場合、社会情勢や会社の経営状況によっては不利な立場に置かれることもありうるでしょう。しかし、副業として自分で稼ぐスキルがあれば、収入源を多様化でき、リスクヘッジになります。

例えば、本業とは別に、フリーランスの仕事やオンラインビジネスを通じて、経済状況に左右されにくい安定した収入を得ることが可能です。個人で稼ぐスキルを身につけることで、より自立した経済的な安定を手に入れることができます。

収入が上がる

自分でお金を稼ぐスキルを身につけると、それだけ収入を大きく増やせるチャンスです。会社員としての給料は固定されていますが、個人で仕事をする場合は自分のスキル次第で収入が大きくアップするチャンスもあります。

努力と成果が直接報酬に反映されるため、成功すれば会社員として得る給料以上の収入を手に入れることも可能です。さらに、自分の頑張りが結果として見えることで、自信やモチベーションが向上し、さらに収入アップにつながるサイクルが生まれます。こうして、自己成長と収入増加の両方を実現できるのが、自分で稼ぐスキルの大きなメリットです。

キャリアの選択肢が増える

自分でお金を稼ぐスキルを身につけることで、キャリアの選択肢は大幅に増えます。従来の固定給の組織に依存する働き方から、起業やフリーランス、パラレルワークなど、自分自身のライフスタイルやキャリアパスに合わせた柔軟な働き方を選択できるようになるためです。

また、自分の持つスキルや興味関心に合わせて仕事を選ぶことができるため、より充実したキャリア形成にも役立ちます。

与えられた仕事ではなく、自分で選んだ仕事をする。自己実現やライフバランスの向上を目指すことができ、自分の才能を最大限に活かすチャンスを得ることができます。

心に余裕ができる

フリーランスとして働くことで会社に依存せず、自分のペースで仕事を進めることができれば、それは余裕にも繋がります。また、収入が安定すれば、経済的な余裕が生まれ、新しいスキルの習得やさまざまな挑戦にも積極的に取り組めることでしょう。

もちろん、組織で働く以上に自己管理や時間管理が求められますが、その分、自由度の高い働き方が可能です。心身の健康を保ちながら、自分の才能や興味に応じた仕事に取り組むことで、充実感や満足感も得られます。

自分の人生においてより意義のある時間を過ごすための余裕。それこそ、自分でお金を稼ぐスキルのメリットの一つです。

自分でお金を稼ぐ力を身につける2つの方法

自分でお金を稼ぐ力を身につける2つの方法

今後、自分でお金を稼ぐ力はより一層必要となってくることは間違いありません。そのため、今のうちから稼ぐ力を身につける努力をしておくのがおすすめです。

とはいっても、何から手をつけていいのかわからず、先に進めないでいる人もいるでしょう。自分で稼ぐ力を身につけるために、以下のことを実践してみてください

自分で稼ぐ力を身につける方法

  1. 自分でお金を稼ぐためのスキルを学習する
  2. 身につけたいスキルに関する仕事を始める

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

①自分でお金を稼ぐためのスキルを学習する

自分で稼ぐ力を身につけたい人は、まずどんな仕事をして稼いでいくかを考えましょう。人には得意不得意があり、やりたい仕事と稼げる仕事は必ずしも同じではありません。

どんな仕事であれば興味を持って続けていけそうか、よく考えてみましょう。仕事が決まったら、どのようなスキルが必要になるのか学習していきます。

その仕事に役立つ資格がある場合、資格を取得してから仕事を始めると最初から高単価の業務を受注できる可能性が高くなります。稼ぐためには他人との差別化が重要なので、スキルアップできるよう努力してください。

②身につけたいスキルに関する仕事を始める

スキルを身につけたいなら実際にその仕事を始めてみるのもおすすめです。実際に経験してみると向き不向きや必要なスキルが見えてきます。

ただし、最初のうちは稼げないどころか仕事を受注することも難しいはずです。単価の安い仕事でも積極的に受け、実績を積んでください。

スキルアップしていくことで単価の高い仕事も受けられるようになってきます。焦らずゆっくり、確実に仕事をこなしていくことこそ自分で稼ぐ近道です

自分でお金を稼ぐのは難しい?失敗しないためのポイント・注意点

自分でお金を稼ぐのは難しい?失敗しないためのポイント・注意点

自分で稼ぐときに失敗しないためのポイント・注意点として、以下のものがあります。

  • 難易度が低い仕事から始める
  • 本業と並行しながら取り組む
  • 専門的なスキル・知識を習得する
  • 積極的に人脈を作る
  • 最初は単価が低いことを理解しておく
  • 仕事を得るために行動する

難易度が低い仕事から始める

未経験者でも始めやすいものから始めると、失敗しにくく継続もしやすいと言えます。例えば、ライターのように特別な初期投資が不要な仕事はおすすめです。

専門知識がなくてもできる業務もあるので、そのような仕事を探すのも一つの手と言えるでしょう。初めは難易度の低い仕事から始めて、経験を積みながら自分のペースで成長していくことが失敗しないための近道です。段階的にスキルを磨き、自信をつけながら進んでください。

本業と並行しながら取り組む

自分でお金を稼ぐ道は、いきなり独立しても安定した収入を得ることが難しい場合があります。そこで、本業と並行して少しずつ取り組むことをお勧めします。

これにより、安定した収入源が確保される間に、新しい仕事での実力を着実に築くことができます。この方法であればリスクを最小限に抑えながら、自己資金や自信を高める一助となるはずです。段階を踏んでの長期的な行動計画を立て、着実に目標を目指しましょう。

専門的なスキル・知識を習得する

自分に付加価値をつけ、他社と差を出すためには、ある分野に特化した専門知識を身につけることが重要です。例えば、プログラミング、デザイン、コンサルティングなど、特定のスキルを磨くことで、高額の報酬を得るチャンスが増えます。

専門的なスキルを持つ=自分の能力の需要が高まり、競争力も強化されます。しかし、専門性を持つためには、時間と努力が必要。自己投資としての学習や訓練を怠らず、市場で求められる最新の知識を維持することが成功の鍵です。

また、専門性を持つことで、自分の仕事に対する自信も高まります。しかし、これはあくまで自分の強みを基盤としての話。新しい挑戦に臨むことで、失敗を防ぐことが可能になります。

積極的に人脈を作る

特にフリーランスの場合、仕事を得る機会の多くは他者からの紹介に依存しています。人脈を通じて新しい仕事やビジネスチャンスを得るだけではありません。最新のトレンドや市場動向をキャッチするきっかけになるのも、専門性の高い人脈あってこそです。

まずは交流会やSNSを活用して、業界内の専門家や潜在的なクライアントとつながりを築きましょう。また、オンラインサロンや専門コミュニティに参加することも有効です。こうした場での積極的な関与が、仕事の幅を広げ、成功への道を開く要因となります。

最初は単価が低いことを理解しておく

スタートアップ時は、単価が低くても焦らずに取り組むことが大切です。新しい分野やスキルを習得する過程で、評価されるまで時間がかかることもありますが、着実にステップを踏んでいくことが成功への近道です。

千里の道も一歩より。最初は単価が低い仕事でも、その経験や成果が評価されれば、徐々に単価を上げていくことができます。焦らずに、地道に実績を積み重ね、自分の価値を高めていきましょう。

仕事を得るために行動する

待っていても仕事はやってきません。自分でお金を稼ぐためには、積極的に行動することが不可欠です。まずは知り合いを通じて仕事のチャンスを探したり、自分のスキルをクラウドソーシングプラットフォームに登録して案件を受けたりする方法を検討しましょう。

さらに、積極的に営業活動を行ったり、SNSで自分のスキルや実績を発信することで、新たな仕事の機会が巡ってきます。自分からアプローチして、仕事を得るための機会を増やしましょう。

自分でお金を稼ぐ方法に関するよくある質問

自分でお金を稼ぐ方法に関するよくある質問

自分でお金を稼ぐ方法に関するよくある質問として、以下の質問があります。

  • 「個人で稼ぐ時代は終わる」という噂は本当?
  • 大学生でも自分で稼ぐことは可能?
  • 副業として個人で稼ぐと税金がかかる?確定申告は必要?
  • 自分で稼ぐための仕事の見つけ方は?
  • 自分で稼ぐための勉強にビジネス本は役立つ?

「個人で稼ぐ時代は終わる」という噂は本当?

「個人で稼ぐ時代は終わる」という噂は実際には考えにくいです。むしろ、インターネットの普及により、多様な個人が独自のスキルや知識を活かした働き方が可能になっています。

また、近年では副業やフリーランス活動を認める風潮が広がっており、個人での収入源を確保するために取り組む人が増えています。

ただし、競争が激化している現状では、自分だけのオリジナリティや強みが重要です。これを活かして他と差別化し、成功するためには努力と戦略が欠かせません。

大学生でも自分で稼ぐことは可能?

大学生でも自分で稼ぐことは十分に可能です。現代ではインターネットを活用した副業やフリーランス活動が多くあり、年齢や学歴に関係なく自分のスキルや時間を活かして収入を得ることができます。むしろ、大学生だからこその専門性と、自由な時間を活用できる点は強みです。

例えば、オンラインでのライティングやデザイン、プログラミング、英会話の講師など、さまざまな仕事があります。また、学業と両立させながら柔軟に働ける点も魅力です。

ただし、時間管理や仕事の質を保つことが重要であり、自己管理能力が求められます。さらに、収入が増えてくると、法律や税金の知識も必要です。これらを学ぶことでより安全に、そして効果的に収入を得ることが可能です。将来に繋がる何かが見つかるかもしれません。

副業として個人で稼ぐと税金がかかる?確定申告は必要?

副業として個人で稼いだ所得が年間20万円を超える場合、税金がかかります。この場合、確定申告が必要です。

副業で得た収入は、他の給与所得と合算して課税対象となりますが、経費や控除などの適用も可能です。ただし、副業によって得た所得が20万円以下の場合でも、確定申告をすることで経費の控除や税金の還付が受けられる場合があります。

税金の計算や申告方法については、専門家に相談するか、税務署のウェブサイトなどで詳細を確認しましょう。

自分で稼ぐための仕事の見つけ方は?

自分で稼ぐための仕事を見つける方法はさまざまです。まずは、次の方法を試してみてください。

  • 人脈を活用する:知人や仲間を通じて仕事を紹介してもらうことが多いです。
  • コミュニティに参加する:セミナーや交流会などで新しい人と出会い、ビジネスチャンスを探すことができます。
  • クラウドソーシングを利用する:オンラインで仕事を受注できるプラットフォームを活用し、自分のスキルを提供します。
  • SNSやホームページでPRする:自身のスキルやサービスを発信し、クライアントや顧客を引きつけます。
  • 求人サイトで応募する:自分のスキルに合った仕事を見つけ、応募することで新たな仕事を獲得します。

これらの方法を組み合わせて、自分に合った仕事を見つけていきましょう。

自分で稼ぐための勉強にビジネス本は役立つ?

自分磨きにはもちろんビジネス本は役立ちますが、現代ではインターネットや動画配信サービスなどでも多くの無料コンテンツが利用できます。

ビジネス本は実践的なアイデアや成功事例を学ぶのに有益です。ただし、最新のトレンドや実践的なスキルを学ぶ場合には、オンラインのリソースも積極的に活用しましょう。ビジネスの世界では、内容・時期によってはスピード感重視です。自分のニーズや学習スタイルに合った方法で情報を取得し、実践に役立ててください。

まとめ:自分でお金を稼ぐのは簡単ではない

まとめ

自分で稼ぐ方法には、エンジニアやWebライティング・投資などさまざまな仕事があります。ただし、自分で稼いでいくためには、必要なスキルを習得しなければなりません。

  • 自己啓発の重要性: 成功するためには、自己啓発が不可欠です。ビジネス本やオンラインの学習リソースを活用し、常に最新の知識やスキルを習得しましょう。
  • 多様な仕事の機会: インターネットの普及により、多くの仕事が自宅やオンラインで可能になりました。自分の得意分野や興味に合った仕事を見つけ、活用しましょう。
  • 自己マーケティングの必要性: SNSやホームページを活用して、自分のスキルやサービスをアピールすることが重要です。積極的に自己PRを行い、仕事の機会を広げましょう。
  • 税金や法的事項の把握: 副業で稼いだ所得には税金がかかる場合があります。確定申告や法的なルールを理解し、トラブルを避けるために正しく対処しましょう。
  • 挑戦と成長: 自分でお金を稼ぐことは容易ではありませんが、着実にスキルを積み重ねていけば、成果が得られる可能性が高まります。挫折を恐れず、焦らずに取り組みましょう。

まずは簡単なものから、続けられそうな仕事を探してみてください。どのようなスキルであれば習得できそうか、よく考えてみましょう。働き方が多様化している現代では、今後さらに自分で稼ぐ力が重要視されていくことが予想されます。高い専門性やオリジナリティを活かした付加価値を身に付けましょう。

自分で稼ぐ方法を身につけておけば、不測の事態にも柔軟に対応できるようになるでしょう。国も副業を推進しているので、少しずつ自分で稼げるように行動してみてください。


なお、Moneyforce(マネーフォース)が展開する「Moneyforce家計診断」では、将来のことを考えた家計管理の相談を、無料で何度でもご相談頂けます。

相談できる内容は、「今のお金の悩み」〜「将来の不安」の事までさまざま。例えば、以下のようなお悩みを「どこに相談すれば分からない。」などあれば、お気軽にご相談頂けます。

  • 「上手な貯金方法を知りたい。」
  • 「稼いだお金をしっかり管理したい」
  • 「せっかく年収が上がったのに貯金ができない…。」

また、Moneyforce家計診断」をご利用頂いた方には、期間限定で「ライフプランづくりの教科書」を無料配布しています。この機会にぜひご利用ください。

今ならライフプランづくりの教科書が無料で手に入る

関連記事:成金とお金持ちの違いとは?本当にお金を持っている人の特徴も解説

PICK UP COLUMN

編集部おすすめ記事

PICK UP COLUMN

編集部おすすめ記事

(C) 2022- Money Force by TFP Group.inc.